手芸講座トップページ

手芸講座を始めますが、その前に手芸について簡単に解説します。そもそも個人的に行い裁縫や刺繍、編み物などの創作活動のことを言い、受注や販売活動を伴う場合は厳密には手芸とは言いません。手芸用品にもいろいろなものがあり、その作り方も様々で取り扱う店もたくさんあります。手芸で有名なのはビーズを使ったもので簡単に出来るのはボタンなどです。手芸専用通販もあり、手芸屋さんでは専用のキットも販売されています。手芸ではナカムラやトーカイなどのいわゆる手作り手芸さんには非常に定評があります。トーカイさんはセンタートーカイとも言われる手芸の老舗でネットにもホームページがありますね。最近人気なのがフェルトを使ったものでフェルト手芸と言われています。自宅でも簡単に出来る上に素人でも可愛いものができるので大人気です。基本的に手芸用品はネットか通販で安く手に入るので材料には困りません。オリジナルのものは手芸アーティストとも言われ、まさに芸術的なものもたくさんあります。ネットからアーティストが登場するかも?紙やフェルト・ビーズを材料に使うものが多くて、簡単にできるんですが、こだわる人は生地にもこだわり東京やセンター東海からわざわざ仕入れまでします。手芸のピロルというサイトも有名なサイトで可愛くて綺麗な手芸用品が揃っていますよ!ピロルだけでなく丸十というお店も実際に店舗を構えて販売しているところで、本でも有名です。ハマナカといえば知らない人はいないくらいのところで手芸講座もここで受講できます。本格的に始める人は1度覗いて見てくださいね。そういえばハマナカの他にマキというところもあって、ここがまた有名どころです。折り紙を使った一風変わったものやレースを使ったものまで簡単にできてしまい、最近ではエコクラフトやトーカイも人気です。

手芸講座のやさしいレシピ

手芸講座のおかげかどうかはわかりませんが、美術館でも専門のコーナーができるほど今後の人気に期待ですね。実はあまり知られていないのですが、日本手芸普及協会という協会もありまして、一役買っているようです。大阪では型紙や竹も手に入りますし、その中でも岡田屋さんというのもあります。クローバー型のものでリボンを作るのが人気ですが、それらをリサイクルして新しいものを作るというのがトレンディです。まさに手芸ドリームですね(笑)あ、ちなみに手芸ドリームっていうのは実際のお店の名前ですよ。間違えないで下さい。アンデルセンという専門店もあって、最近は専門店だけでなく雑貨屋さんでも取り扱っています。東京・京都・大阪・札幌では高齢者を中心にして、ちりめん手芸やリリアンを使ったものが話題を呼んでいます。タオルやワッペン・ステッチも女子高生だけでなく作家の先生も仕事の合間にパンドラハウスというのを愛用しているらいしいですよ。副資材でスパンコールやクラフトもネットのショップで仕入れられます。カンダなんかは有名な仕入れ店ですね。横浜や浅草橋でも老舗の問屋があるので旅行に行ったときは、欠かさずチェックしています(笑)カタログを見てみるとイベントも催されているので、また参加したいと思います。そういうイベントでは、卸屋さんも直接来て、布なんかの生地を実際に見せてくれているんですよ。ハマナカさんやなかむらさん、オカダヤさんが来るのかは・・・・ちょっとわかりません(笑)材料は福岡でも良い卸店がありますので、近隣の人は要チェックですよ。内職で手芸をやっている主婦の方も多いみたいで2,3日でバッグやハンカチを作ってご自分のブログで公開している人もいます。雑誌なんかで主婦のブログ日記も紹介されていますよ♪手芸って本当に楽しいですね!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。